ゼファルリンにトンカットアリとアカガウクルアが入っている意味

 

 

 

ゼファルリンにはトンカットアリと赤ガウクルアという天然成分が配合されていますね。この2つの成分の効果はほぼ同じ効果なんですが、このページではその効果について解説していこうと思います。

 

 

 

トンカットアリとアカガウクルアの効果は実は増大にも大事?

いきなり大事とか言われても意味不明だと思うのですが、先にお伝えしておくと「かなり大事です」!!

 

というのもトンカットアリやアカガウクルア(ソフォン)は男性の性の源である「テストステロンの分泌を促進」してくれる効果があるからです。

 

ペニスの大きさに個人差が出てしまうのはテストステロンの分泌量に左右されているんじゃないか?という議論が出てくるほどその関係性について注目されていたりするんですけど、まだまだ謎が多い部分だったりします。なんですが、

 

テストステロンが多い、少ないによって精力も勃起力も左右されてしまうので、増大に関して重要な要素なんではないかと思います。

 

 

年齢に応じて下がってしまうからEDにもなる!

 

 

このように年齢に応じて下がってしまいます。

 

かなり分かりやすい図ですよね。下がることによって勃起力や精力、精子の生成力や性欲までも低下してしまいED症状を色濃いものにしてしまいます。。

 

そもそもEDになる根本的な原因はこれですね。

 

なので、増大を目指す方の年齢によってこの要素はとても重要になりますし、生まれつきテストステロンが少ない方もいるので、そういった方にも重要な要素ですね。

 

回りの友達と比べて自分は明らかに性欲や精力が弱いな・・・と感じた事は無いですか?恐らくその場合はテストステロンの分泌量が少ない可能性も高いと思います。

 

 

 

出典:menshealth-md.com/testosterone

 

このサイトではその重要性がかなり詳しく書かれているので、興味がある方は参考にしてください。中でも増大に重要な点と抜粋して下記で説明してみたいと思います。

 

 

精力全般と一酸化窒素の量を増やしてくれる!!

 

 

紹介したサイトにも書かれている事になるんですが、中でも増大に重要なのは、「一酸化窒素の量」に関しての記事ですね。

 

テストステロンが多いと勃起への反応も良く、一酸化窒素の生成量も多くなるので海綿体に流れ込む血液量が多くなるのでその分ペニスはそり立つようになります。

 

多くの血液が循環してペニスに行き渡るようにする効果は増大には欠かせない効果の一つです。テストステロンが減っていたり、少なかったりするとそれだけ一酸化窒素の量も少なくなるので、

 

やはりテストステロンの分泌を促進させる効果は大切ですね!

 

血液循環に加えて、ムラムラ感や精力を総合的に高める事でガッチガチに勃起できるようになるので、総合的な要素としてもやはり重要な内容の一つかと思います。

 

 

 

ゼファルリンの口コミではこんな口コミも存在する!!

 

  • ムラムラ感がすごくて頻繁にオナニーしたくなる
  • ペニスがパンパンになるほど勃起力が上がった!
  • 精力がもう半端ない!

 

などゼファルリンの口コミには精力や性欲に加えて、勃起力が上がった口コミが多く存在します。紹介サイトでもそのような内容が沢山ありますし、私自身も先ずこの効果を実感する事ができました^^

 

感覚的にはこの効果の後に徐々に増大効果を得られる感じでしたので、「やっと始まったか!」と判断してもいいかと思います。

 

 

 

この記事のまとめ

 

精力全般と一酸化窒素の量を増やしてくれる!

 

 

トンカットアリとアカガウクルアの効果としてはテストステロンの分泌量を促進させる効果ですが、その効果によって精力全般に関する効果を得る事ができますよ^^

 

意外と注目されない効果だったりしますが、ゼファルリンにはこんな効果も考えてトンカットアリやアカガウクルアを配合してくれているので嬉しい限りですね!是非参考にしてください。

 

またゼファルリンを実際に6ヶ月間試した効果についても是非参考にしてください^^