危険!?ゼファルリンの危険な飲み合わせとおすすめな飲み合わせを大公開!

危険!?ゼファルリンの危険な飲み合わせとおすすめな飲み合わせを大公開!

ここでは、ゼファルリンの飲み合わせに関して詳しく解説していきます。危険性を伴うまたは効果が薄れる可能性がある飲み合わせや、逆にゼファルリンの効果を更に高めることができる飲み合わせに関しても網羅して分かりやすくまとめました。これからゼファルリンを試す上で飲み合わせも注意して飲用しようとお考えの方は是非参考にしてください。

 

 

※ゼファルリンの割引ができる公式サイトへリンクしています。

 

ゼファルリンの飲み合わせ【目次】

 

注意が必要なゼファルリンとの飲み合わせについて!

注意といっても飲みあわせることで科学反応が起こり、「毒」へと変化してしまう!!といったキケンなオドロオドロしい内容ではなく、飽くまでも注意点として捉えるといいでしょう。ここでは比較的日常で注意が必要な内容を中心にまとめてみました。参考にして下さい。

 

 

ゼファルリンとお酒との飲み合わせについて。

 

お酒と一緒にゴクリ!と飲んでしまう人は先ず居ないかと思いますが、晩酌をした後にゼファルリンを飲まれるケースは多いかと思います。この場合、他のサイトに書かれている「酔が更に回る説」これは否定できません。お酒+ゼファルリンの効果によって緩やかにでも血液循環は良くなるわけですから^^;

 

ただ、クスリのように急激に血流を良くしてしまうものでは無いので、ゼファルリンと一緒にお酒を飲んでいきなり倒れてしまう心配はありません。私は晩酌時と、飲みに出かけて帰宅後にゼファルリンを飲んだことはありますが、特に倒れるほどの酔の回り方を経験したことはありません

 

ですが、お酒が弱い人や貧血気味の人がお酒を飲んだ後にゼファルリンを飲んでしまうと予想できないことが起こる可能性もあるかもしれません。なので特に「今日は飲みすぎた・・・。」と感じる場合や、飲みすぎて体調が少し悪いな・・・。と感じる場合はゼファルリンの服用を控える方が無難です。

 

 

ゼファルリンと病院で処方されるお薬との飲みわせについて。

 

私はゼファルリンを飲んでいた6ヶ月の間にインフルと性病にかかったことがあります。その経験からお伝えすると、どちらも問題ありませんでした。ちゃんと薬をもらう時に薬剤師に相談もしました。その時の回答は「基本的に栄養素なので大丈夫」とのことでした。

 

性病は淋病とクラミジアの両方の処方薬を頂いたので、この2つの薬に対しては問題無いかと思います。ただ、他の性病に関しては経験していないので、都度薬剤師に相談するようにした方が無難です。その他の病気に関しても同じですが、何かの病気に掛かり薬を処方してもらう場合には無難に相談することをおすすめします。

 

 

ゼファルリンとバイアグラとの飲み合わせについて。

 

私の場合はバイアグラのジェネリックであるカマグラゴールドと飲み合わせた経験があるのでそちらをお伝えしていきたいと思います。結論を先にお伝えすると、ゼファルリンとバイアグラまたはカマグラゴールドとの飲み合わせに関しても問題ありませんでした

 

しっかり勃起して持続力もありセックスを楽しむことができ、その間に吐き気やめまいを感じることもありませんでした。ですが、心臓の鼓動がドクン!ドクン!と脈打つ音が分かるほどでしたので、心臓が弱い方・高血圧・動脈硬化など血管疾患をお持ちの方には不向きだと考えられます

 

身体への負担も大きいためこの飲み合わせはおすすめできませんし注意も必要です。欲張らず正しい使用を心がけましょう。

 

 

ゼファルリンと精力剤との飲み合わせについて。

危険!?ゼファルリンの危険な飲み合わせとおすすめな飲み合わせを大公開!

ゼファルリンと精力剤との飲み合わせは特に問題ありません。むしろ精力効果や血流増強の効果が増して、ゼファルリン単体で飲むよりもペニス増大に必要な海綿体へのアプローチは向上する傾向にあります

 

精力剤に含まれる成分のほとんどはゼファルリンにも含まれている成分だったりするので特に大きな問題は無いでしょう。ですが、ゼファルリン1日分+精力剤1日分になると飲む量もかなり多くなり肝臓に負担を掛けてしまう恐れがあるので、飲み合わせる場合はその量を調節したりタイミングをズラして飲む必要性があります。

 

確かに成分を多く摂取できると身体に作用する度合いも自ずと上がる傾向にありますが、同時に身体への負担も気にして活用するといった注意が必要です。

 

 

ゼファルリンと降圧剤との飲み合わせについて

 

ゼファルリンと降圧剤との飲み合わせに関しては掛かり付けの医師と相談してから試すのが無難です。といっても降圧剤とゼファルリンを同時に飲むわけでは無いと思うので、大きな心配は必要ない場合が多いそうですが、ゼファルリンも降圧剤も血圧を下げる効果を発揮するものなので注意は必要です

 

ゼファルリンに含まれるシトルリンやアルギニンの効果には血管を拡張して血流を良くする効果があるので、血圧は緩やかではありますが下がる傾向にあります。なぜなら高血圧でダメージを受けた血管を健康な状態に改善しながら、拡張してくれるからです。1車線を2車線にするイメージですね。

 

降圧剤とゼファルリンと同時に飲む人は先ずいないと思いますが、それでも人体に作用するものなので、降圧剤を現在服用している方は掛かり付けの医師や薬剤師さんに相談した上で使用することを心がけることをおすすめします。

 

 

Amazon・楽天・公式で最安値徹底比較!!

 

 

ゼファルリンのおすすめな飲み合わせについて!

ここではゼファルリンと一緒に飲むことで効果的な飲み合わせについて詳しく紹介していきたいと思います。ゼファルリンと一緒に飲み合わせることで精力効果や血流増強の効果、それにペニス増大効果を底上げすることに期待できます。これから飲み合わせによって効果を高めようとお考えの方は参考にしてください。

 

成分名

効果内容

おすすめ度

LJ100

ホルモン分泌・精力・勃起力・血流増強に期待できる!

アルギニン+シトルリン

相乗効果で精力・血流・精子量・血管拡張に期待できる!

シトルリン単体

血管拡張・血流・精力・精子量に期待できる!

マカ

滋養強壮・血流・精子量・疲労回復に期待できる!

※おすすめ度は実際に飲んだ経験から評価を付けています。

 


LJ100やその他成分をゼファルリンと一緒に飲むことで、更に効果を高めてペニス増大効果を引き出すことができることに期待できます。またこれら成分はゼファルリンをやめた後の精力維持や、血流維持の効果にも期待できます。ちなみに私も飲んでいます。

 

ゼファルリンとLJ100との飲み合わせで効果アップを狙う!

 

 

当サイトの別の記事でも一部紹介はしているのですが、LJ100はゼファルリンに含まれる「トンカットアリ」という成分を100倍濃縮に凝縮した成分のことを指します。

 

この成分のいいとろこは何と言っても、性の源である「男性ホルモンの分泌を促進」してくれることにあります。男性ホルモンの分泌量が上がると勃起時に生成される一酸化窒素の量が増えるし、性的な内容に対しての反応がかなり上昇します。

 

性的欲求度や興奮度、硬く勃起して射精するまでの全てを男性ホルモンが深く関係しているので、今まで以上の精力や血流アップを必要とする「ペニス増大」には無くてはならないものだと判断できます。

 

ソフォンという天然ハーブの成分でもこの効果を得ることができますが、臨床実験を経てその効果が認められたトンカットアリを100倍濃縮したLJ100が最も有効だと言えるでしょう。ちなみにこのメーカーで3ヶ月分で4000円程度。

 

 

ゼファルリンとシトルリンとの飲み合わせで効果アップを狙う!

 

これもゼファルリンの中に入っている成分ではありますが、追加して補うことで、更に血流を良くし、多くの血液をペニスに運ぶ手助けをすることができます。成分は多く摂取すればいいというものでは無い!なんて解説を良く見かけますが、

 

シトルリンを100mg摂取するよりも750mg摂取した方が当然ですが、断然効きます!!当たり前ですよね?アルコール度数が4°のお酒よりも10°のお酒の方が酔ますよね?それと同じです。

 

ただ過剰摂取は肝臓の負担的にも良くないので、節度を守って飲む必要がありますがシトルリンの場合は1500mg摂取しても大丈夫なので、追加して補っても全く問題はありません。このメーカーの商品で1.5ヶ月飲めて安い価格で1800円前後です。

 

 

 

 

ゼファルリンとエビオスの飲み合わせが最強説について

エビオスが最強だ!なんて記事を見かけますが、どの視点で見て最強なのかを書いていない記事がほとんどなので、先ず最強だなんて思わない方がいいかと思います。確かにエビオスには、

 

  • アルギニン:210mg
  • トリプトファン:50mg

 

が含まれているので、血流アップと精力アップに加えて、緊張した交感神経をリラックス神経である交感神経に切り替えて勃起しやすい状態にできる効果はあると思います。そういった意味では飲み合わせとして使用してもいい物だと判断できます。ただ、最強かどうかと言うと最強では無いと思います。

 

それこそ最強を決める成分バトルを繰り広げると効果的な成分なんていくつもあるわけでキリがありません。なので1つの方法として認識する程度で収めておくべきかと思います。例えば、今人気のマカやクラチャイダム、亜鉛・ビタミンE・ビタミンB6・アルギニン・シトルリン・ソフォン・トンカットアリ・オルニチンなど言い出したらキリが無いということです。。。

 

なので私が試した範囲で今回紹介しましたが、これも飽くまでも一例に過ぎないということを認識して参考にしてくださればと思います。

 

 

Amazon・楽天・公式で最安値徹底比較!!